こんにちは。ニューライター映画部の鈴木です。

先月発表されたアカデミー賞で、メイクアップアーティストの辻一弘さんが、メイク・ヘアスタイリング賞を受賞したことで話題になった「ウィンストン・チャーチル 〜ヒトラーから世界を救った男〜」。
3/31に公開になったので、早速みてまいりました!

「darkest hour」の画像検索結果

 

チャーチルは、第二次世界大戦が始まるやいなや、イギリスの首相に任命されたことで有名ですよね。

 

原題は “DARKEST HOUR”

絶体絶命の状況に置かれた、もっとも過酷な27日間チャーチルはどう乗り越えるのか。

一刻一刻戦況が変わっていく緊迫感と、大きな決断を迫られたチャーチルの心の葛藤が描かれています。

戦闘シーンはほとんど描かれていないのですが、戦争の臨場感あふれる演出が散りばめられていました。

最近観た映画の中では、見応えのある作品No.1だと思います!

 

そして、主演チャーチル役を務めたのは、あの名作「レオン」でおなじみのゲイリー・オールドマン。

この作品を見て覚えていないという人はいないであろう、実力派俳優です。

 

「leon gary oldman」の画像検索結果

「darkest hour churchill」の画像検索結果

 

面影を残しながらも、かなりチャーチル実物に近づいていますね。

なんといっても、この顎のたぷたぷ感!!これも辻さんのメイク技術の賜物なんですね。

 

 

降伏か抵抗か

イギリスを守るための決断

 

彼は歴代のイギリス首相とはすこし違っていて、議会では嫌われ者でした。

しかし、その彼の個性があったらこそ、いまのイギリスがあるといっても過言ではありません。

 

関連画像

 

ナチスに追い詰められたイギリス。

たくさんの兵士の命を失ったことで、周りの議員たちは降伏することを勧めます。

しかし「降伏して数万人の兵士を救うことはできても、そのあとのイギリスに未来はない」と判断し、数万人の犠牲を選ぶのです。

彼は決して冷血な人間ではありません。

葉巻やお酒で生計がたたなくなったり、困った時はなんでも妻頼み。中身は、よくいる一般家庭のお父さんと同じです。

 

「darkest hour wife」の画像検索結果

 

一人の人間として、またイギリス首相として、彼は悩み迷いながら一つ一つ決断を下していきます。

「降伏」するのか「抵抗」するのか。

悩み疲れ果てた夫チャーチルに、妻クレメンタインがそっと声をかけます。

 

You are strong because you are imperfect. (あなたは完璧じゃないから、強くいれられる。)

You are wise because you have doubts.  (あなたは疑い深い、だから賢いの。)

 

これは、エンドロールが終わるまで私の中で反芻していた言葉です。

迷い苦しみながら進んでいる人々全員に投げかけたいと思ってしまうほど大好きな言葉になりました。

そして、この言葉を投げかけられたチャーチルは、思わぬ行動に出ます。

それは、劇場で見届けてきてください!

 

「darkest hour movie」の画像検索結果

 

 

また、4万人の犠牲がでたカレーの戦いのうえに成り立った作戦、「ダンケルクからの脱出劇」も昨年映画化されアカデミー賞で数部門受賞しました。

 

「dunkirk」の画像検索結果

 

「ダンケルク」はまだ私も見ていないのですが、セットでみるとかなり理解が深まるのではないでしょうか。

本作の記憶が新しいうちに、みてみようと思います。

 

カテゴリー: 映画